仕事のストレス低減に!リラックス効果のあるオフィスBGMとは

公開日:2024/02/15  最終更新日:2023/08/01

 

オフィス仕事のストレス低減に効果的な方法として、オフィスBGMの重要性が注目されています。リラックス効果があり、集中力を高める音楽の選曲がポイント。本記事では、心地よいBGMの選び方や実際の効果について詳しく解説します。快適な職場環境を手に入れ、より充実した仕事に向けて、ぜひ取り入れてみましょう。

音楽はなぜリラックス効果がある?

音楽は、人間の心身に多くの影響を及ぼす素晴らしいツールです。

特にリラックス効果については、科学的研究や実証された事例からその効果が明らかになっています。音楽がリラックス効果をもたらす理由には、いくつかの要因が絡んでいます。

脳波の変化


まず、脳波の変化が挙げられます。

音楽を聴くことにより、脳内の神経回路が活性化され、脳波に変化が生じます。特に、心地よい音楽や自分の好みのジャンルを聴くことで、副交感神経が刺激されてリラックス状態に遷移しやすくなります。

副交感神経は、身体をリラックスさせる働きを持ち、心拍数の低下や呼吸の深化などを引き起こします。その結果、身体的な緊張が和らぎ、心身がリラックスした状態になります。

ストレスホルモンの抑制

さらに、音楽によるストレスホルモンの抑制がリラックス効果に関与しています。

音楽を楽しむことで、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が抑制されることが研究により示されています。ストレスホルモンは、ストレスや不安などの精神的な負荷によって放出され、身体や心に悪影響を及ぼすことがあります。

しかし、音楽によってコルチゾールの分泌が抑えられると、ストレスによる不快な感情が軽減され、リラックスした状態が促進されるのです。

心拍数と血圧の調整

心拍数と血圧の調整も音楽のリラックス効果に関連しています。

リラックス効果のある音楽を聴くことで、心拍数が安定し、血圧が下がるという効果が報告されています。これにより、心血管系への負担が軽減され、身体が安定した状態になります。

また、心拍数や血圧の安定は、自律神経のバランスを整える重要な要素でもあります。リラックスした状態は、心身の健康にとって重要な役割を果たすのです。

環境音の遮断

音楽がリラックス効果をもたらすもう一つの要因として、環境音の遮断が挙げられます。

音楽は、周囲の騒音やストレス要因を遮断する役割も果たします。特にオフィスなどの騒々しい環境では、リラックスできる音楽を聴くことで、集中力の向上や心の安定につながるとされています。音楽が環境の影響を軽減し、心に余裕をもたらすことで、リラックス効果が高まるのです。

心理的な要素

心理的な要素も音楽のリラックス効果に大きく影響しています。

個人の好みや思い出によって、特定の音楽は心理的なリラックス効果をもたらすことがあります。心に響く音楽や好きな曲を聴くことで、ポジティブな感情が呼び起こされ、心の安定やストレス解消が促されると言われています。

また、音楽には心を落ち着かせる効果があるため、リラックスしたいときに自ら選択することもあります。

呼吸パターンの調整

音楽が呼吸パターンの調整にも寄与します。

リラックスした音楽を聴くことで、自然と深い呼吸が促されることがあります。深呼吸はリラックス効果を高めるだけでなく、身体の酸素供給を改善し、ストレスの緩和にも効果的です。

深い呼吸によって体内の酸素レベルが増えることで、脳や筋肉にも良い影響を与え、リラックス状態をサポートします。

総じて、音楽は個人の感情や心身の状態に強い影響を与えるため、リラックス効果を持つ重要な要素として広く認知されています。リラックス効果を得るためには、心地よい音楽を選び、日常の生活に取り入れることで、より充実したリラックスした状態を維持できるでしょう。

リラックス効果のオフィスBGMとは?

近年、仕事のストレスを軽減し、生産性を高めるために、オフィス環境に音楽を取り入れる企業が増えています。

特にリラックス効果のあるBGM(背景音楽)は、従業員の心身の健康にポジティブな影響を与えるとされています。では、リラックス効果のあるオフィスBGMとは具体的にどのようなものなのでしょうか?

自然音に基づいたBGM

自然の音、例えば波の音、鳥のさえずり、森のざわめきなどは、リラックス効果が高いとされています。

自然の音は心地よく、ストレスを和らげる効果があります。オフィス環境に自然音を取り入れることで、リラックスした空間を作り出すことができます。

インストゥルメンタル音楽


歌詞のないインストゥルメンタル音楽も、リラックス効果があるとされています。

特にクラシック音楽やジャズ、アンビエントなどは、緊張をほぐし、集中力を高める効果があります。言葉がないために聴き手の気をそらさず、仕事に集中することができるでしょう。

心地よいリズムとメロディ


リラックス効果を高めるBGMは、心地よいリズムとメロディを持つことが重要です。

穏やかなリズムやシンプルなメロディは、心に安らぎを与え、ストレスを和らげます。また、耳に心地よい音色やハーモニーもリラックス効果を増幅させます。

ボリュームとリピートの調整

BGMの音量は適切なレベルに設定し、従業員が集中できる程度に調整する必要があります。

また、同じ曲を繰り返し流すよりも、リピートを避けてさまざまなBGMを交互に流す方が、飽きずにリラックス効果を持続させることができます。

個人の好みを尊重

オフィスの従業員は好みや感受性が異なるため、リラックス効果のあるBGMを選定する際には、従業員の意見を尊重することが重要です。

アンケートやフィードバックを通じて、共通のリラックス効果を持つBGMを選定しましょう。

総じて、リラックス効果のあるオフィスBGMは、自然音やインストゥルメンタル音楽、心地よいリズムとメロディを取り入れ、個人の好みを尊重することが重要です。

オフィス環境に心地よいBGMを取り入れることで、従業員のストレスを軽減し、リラックスした雰囲気を醸成することができるでしょう。生産性の向上や働きやすい職場環境を実現するために、ぜひBGMを活用してみてください。

トイレや休憩室で流すのがおすすめ!

オフィス環境において、トイレや休憩室でBGMを流すことは、従業員の心身の健康や生産性にポジティブな影響を与えるおすすめの方法です。

トイレや休憩室は、一時的に仕事から離れる場所です。そこでリラックス効果のあるBGMを流すことで、疲れた心や緊張した身体をリフレッシュできます。短時間で気分転換することができるため、仕事のモチベーションや集中力の向上につながります。

また仕事中にはさまざまなストレスが発生しますが、トイレや休憩室でBGMを聴くことで、ストレスが軽減されるとされています。リラックスした音楽は、心の安定をもたらし、ストレスを和らげる助けとなります。

休憩室でリラックス効果のあるBGMを楽しみながら休息することで、休憩の質が向上します。休息の質が高まると、疲労回復が促進され、仕事に戻った際の生産性がアップします。リラックスした状態で過ごすことは、創造性を高める助けとなります。

休憩室でBGMを聴くことで、新しいアイデアや解決策を思いつくことが期待できます。ただし、トイレや休憩室でBGMを流す際には、BGMの音量は適切なレベルに設定し、周囲の迷惑にならないように気をつけましょう。

また、選曲は自然音やインストゥルメンタル音楽、心地よいリズムとメロディを重視しましょう。

まとめ

音楽はリラックス効果があり、オフィスBGMとしてもおすすめです。脳波の変化やストレスホルモンの抑制、心拍数の調整などがリラックスに寄与します。自然音やインストゥルメンタル音楽、心地よいリズムとメロディが効果的です。トイレや休憩室でのBGM流しは、リフレッシュ効果やストレス軽減に寄与し、コミュニケーションの促進や休息の質向上に役立ちます。適切な音量調整と個人の意見尊重が重要です。リラックスしたオフィス環境を実現し、従業員の働きやすさを向上させましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

店内で流すBGMには、さまざまな効果があります。音楽が心地よく感じられると、顧客は滞在時間が長くなる傾向があり、適切なBGMは購買意欲を刺激し、顧客の心地よいショッピング体験を作り出すのです
続きを読む
近年、オフィスにBGMを流している会社は少なくありません。BGMによって得られる効果もあり、これからBGMを導入しようという会社もあるでしょう。そんなBGMですが、著作権には十分に留意する必
続きを読む
BGMを店内で流すメリットは、お店の雰囲気を良くしたり、顧客の滞在時間を延ばしたりすることです。そして、店内BGMの選曲や導入には、いくつかのポイントや注意点があります。本記事では、選曲のポ
続きを読む