静かすぎるオフィスの弊害とは?

公開日:2022/09/08   最終更新日:2023/11/02

オフィスで仕事をしているとき、どのような環境だと仕事の効率が向上し、集中して取り組むことができるでしょうか。できる限り、よりよい環境下で仕事を行えることがベストです。

実はオフィスと音には密接な関係があります。

静かすぎるオフィスとは?

まずは、オフィスが静かすぎる場合の特徴や短所について詳しくお伝えしていきます。

静かなオフィスの特徴

オフィスが静かすぎることで気になってしまう雑音をいくつか挙げていきましょう。静かなオフィスで発生する環境音としては、パソコンのキーボード入力やマウスのクリック音、電話対応の受け答え、資料や本などをめくる音、引き出しなどを開閉する音、椅子からの離着席音、会議などの話し合いの声、咳払いやくしゃみ、社内での個々のやりとり、食べ物や飲み物を飲む音などがあげられます。

ほかにもいろいろな音は飛び交っており、場合によっては隣の席の人の貧乏ゆすりなど、予期せぬ音を感じてしまうこともあるでしょう。このような音は、静かなオフィスだからこそ敏感になってしまう雑音だといえます。

静かなオフィスだからこその短所

静かなオフィスだからこその大きな短所としては、仕事の効率化に大きな影響を及ぼしてしまう可能性が高いことです。原因のひとつとしては、コミュニケーションが少なくなることです。

静かなオフィスでは、ほかの人との会話にも気を遣わなければなりません。そのため、業務のことで上司や部下とコミュニケーションを取りたくても会話内容が周りに聞こえてしまうこととなり、場合によっては会議室などほかの部屋を利用してコミュニケーションをとる必要があります。

そのため、静かすぎるオフィスではコミュニケーションが少なくなり、仕事の効率が悪くなってしまう傾向にあります。また電話対応が苦手になってしまうことも考えられます。

現在はITなどの普及により、電話を利用する機会も少なくなっていますが、オフィス業務として電話対応は基本であり、必須ですが、慣れていない侵入社員などが音のない静かなオフィスで電話対応を行うとなるとプレッシャーを強く感じてしまうことでしょう。その結果、電話対応に苦手意識を強めてしまう可能性も高くなります。

ほかには、オフィスへの来客や業者が訪問したときのイメージダウンにもつながってしまうこともあります。オフィスが静かすぎてしまうと、リラックスムードなどは感じられず、ただひたすらに仕事を行う空間となってしまいます。

その結果、初めてオフィスに訪れた人からすると活気がなく、あまりよい雰囲気のオフィスとは感じづらくなってしまう傾向にあります。静かすぎるオフィスは、さまざまな短所があり、従業員も訪問者からしても緊張感漂うオフィス空間となってしまうでしょう。

オフィス環境下でのストレス

ここまで紹介してきたように、オフィスで仕事をするときにストレスとなる原因のひとつに「音」があげられます。オフィス内の音としては、上記でもあげた会議室での打ち合わせや営業、顧客対応としての電話対応、ほかの人とのコミュニケーションなどさまざまな場面があることでしょう。

そんなひとつひとつの音と仕事の効率化は密接な関係にあり、オフィスにそれらの音が筒抜けであると話している本人をはじめとして、聞こえてしまうほかの社員にとっても気を遣ってしまうことになります。だからこそ、オフィスの環境音は重要な役割となり、こうした音による互いの気遣いは日々のストレスにも繋がってしまうのです。

また多くの人がいる空間が静かすぎてしまうことで、人間は孤独感や虚無感を感じてしまうことが多いです。そのため、静かすぎるオフィスは人間のメンタル面においてもあまりよい状況ではないといえます。

なにより、気を遣ってばかりの職場では伸び伸びと仕事に取り組むことも難しいでしょう。ストレスは身体の思わぬところの不調を呼び起こしてしまい、鬱病なども発生してしまうことも考えられます。

このようにオフィスと「音」は深い関係にあるため、オフィス空間をより快適なものにするためには「音」は大切であるといえます。

静かすぎるオフィスの改善方法

これまでお伝えしてきたように、静かすぎるオフィスは短所が多く、作業効率の低下にもつながってしまう恐れがあります。静かすぎるオフィスを改善するひとつの方法としては、オフィスに音楽を導入することです。

音楽にもいろいろな種類があり、リラックス効果のあるヒーリングミュージックやジャズはとくにおすすめできるオフィスBGMです。早いテンポの音楽やボーカル入りの音楽では仕事の妨げになってしまう可能性も高いため、従業員とも確認しておくとよいでしょう。

またサウンドマスキングの使用も方法のひとつです。サウンドマスキングは飛行機や新幹線などでよく導入されており、空調音のような音をBGMとすることで、ほかの人が話している声などがわかりにくくするシステムとなっています。

サイズもコンパクトなことが多く、オフィスのデザインも壊さずに導入ができます。このようにオフィスにBGMを導入することで、オフィスで発生してしまうさまざまな雑音を感じることが少なくなり、伸び伸びと仕事をすることができます。

現在は、オフィスBGMを利用している企業も増加しており、製造業や飲食店、IT、金融、保険、サービスなど業種を問わず利用されています。どの業種においてもオフィスBGMは仕事の効率化にもつながる重要な役割を担っています。

適度な雑音は集中力を高める

これまでオフィスにBGMを取り入れることで、静かすぎるオフィスはなくなり、ストレスの緩和や仕事の効率化につながると紹介してきました。適度な雑音は実は集中力を高めるともいわれており、ホワイトノイズや意味を持たない自然音のような音が一番、仕事の集中に最適な傾向にあります。

とくにどの環境下でも最適な音となるのは、自然音の方で心地よい音を感じることで回りの雑音が気にならなくなり、リラックスと集中力も高めてくれます。人間の脳はもともと、周りのさまざまな音から危険や状況をキャッチして回避、行動している傾向が強く、無意識のうちに音を探してしまう習性があります。

自分に関係がありそうな話声などにも敏感で、静かすぎるオフィスなどではちょっとした物音により敏感になってしまうのです。だからこそ、適度な雑音は、集中力を高めるためにも必要な要素であり、オフィスBGMを取り入れることは効果的であるといえます。

より快適なオフィス空間作りにはBGMがおすすめ

今回は、静かすぎるオフィスによる弊害や改善方法などをお伝えしてきました。静かすぎるオフィスで仕事を行うことは、互いに音に気を遣いながら作業を行わなくてはなりません。

その結果、コミュニケーションが減少してしまうことや、緊張感が漂う空間となり、知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまう環境になり兼ねないといえます。逆に適度な雑音があることで、集中力がアップし、気を遣うことなく伸び伸びと仕事に打ち込むことができる傾向が高いです。

そのため、オフィスに最適なBGMを取り入れることは仕事の効率化向上のための方法のひとつであり、さまざまな業種でも導入されている改善方法でした。ちょっとした工夫で従業員の日々のストレスを緩和させ、活気のあるよい雰囲気のオフィス空間へと変化させることができます。

静かすぎるオフィスで仕事をしている方は、一度音楽を取り入れることを検討してみてはいかがでしょうか。サイト内でもオフィスBGM業者をいくつか紹介しているので、よかったらチェックしてみてください。

人気のオフィスBGM♪・当サイトおすすめのオフィスBGM業者はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

オフィスでBGMを流す際に重要なのは、適切なスピーカーの選択です。360°スピーカーや天井埋め込み型スピーカーなど、さまざまな種類がありますが、オフィスの特性や用途に合わせて選ぶことが大切で
続きを読む
作業効率や集中力向上のためにオフィスでBGMを流すことがありますが、その効果には「マスキング効果」というものがあります。これは、同じ周波数の音が重なると、一方の音が聞こえにくくなる現象のこと
続きを読む
オフィスで流すBGMは、職場の雰囲気を良くするために大切なコンテンツです。BGMとして選ぶ際には、多くの人が落ち着ける選曲であることが理想的です。そのなかでも、インストゥルメンタルの音楽は、
続きを読む