オフィスBGMを流すスピーカーの選び方とおすすめな設置場所

公開日:2024/01/01  最終更新日:2023/09/13


快適な作業環境を実現するため、効果的なBGMの役割を理解し、スピーカーの特徴や配置にも注意が必要です。今回はオフィスの雰囲気づくりに欠かせないBGMスピーカーの選び方と設置場所についてご紹介します。効率的な仕事をサポートするBGMの活用法を知り、仕事への集中力や生産性を向上させましょう!

オフィスBGMを流すスピーカーの重要性

職場において、オフィス環境は従業員の生産性と仕事へのモチベーションに大きな影響を与える要素のひとつです。その中で、オフィスBGMを流すスピーカーは、従業員の働きやすさや職場の雰囲気形成において重要な役割を果たしています。ここでは、オフィスBGMを流すスピーカーの重要性について考察してみましょう。

まず第一に、オフィスBGMは快適な作業環境を提供します。静かなオフィスでは、机上の作業や長時間のデスクワークに集中することが難しい場合があります。しかし、適度な音楽にはマスキング効果が期待できます。BGMを流して周囲の人の話し声や雑音を聞こえにくくし、集中力を高めることができます。特に、リラックスした音楽や集中力を高めるジャンルの音楽は、従業員のストレス軽減にも効果的です。

第二に、オフィスBGMは職場の雰囲気を改善します。職場環境は従業員のモチベーションや士気に直結します。退屈な無音のオフィスよりも、音楽が流れる明るい雰囲気のオフィスの方が、従業員は楽しく仕事に取り組むことができます。また、BGMが職場に活気をもたらすことで、従業員同士のコミュニケーションやチームワークを促進する効果も期待できます。

第三に、オフィスBGMは顧客や来訪者に対する印象を向上させます。特に接客業や顧客対応が重要な業界では、オフィスや店内に流れる音楽は、訪れた人々に与える印象を左右します。心地よい音楽が流れる空間は、顧客にとって魅力的な場所となり、企業やブランドのイメージ向上に寄与します。

オフィスBGMに最適なスピーカーの選び方

オフィス環境において、BGMは生産性を向上させるための重要な要素となります。リラックスした音楽や集中力を高める音楽は、雰囲気を和らげ、従業員のモチベーションを向上させる効果があります。しかし、良質な音楽を提供するには適切なスピーカーを選ぶことが不可欠です。

ここでは、オフィスBGMに最適なスピーカーを選ぶための重要なポイントを紹介します。

サイズとデザイン

オフィス空間は限られたスペースであり、スピーカーのサイズとデザインは重要です。コンパクトでスタイリッシュなデザインのスピーカーは、机の上に置いても場所を取らず、オフィスの雰囲気にも調和します。また、置き型スピーカーやシーリングスピーカー、壁掛けスピーカーなど、設置する場所やオフィスの広さに応じてタイプを選びましょう。

音質

音質はスピーカー選びの最も重要な要素です。クリアでバランスの取れた音質がオフィスBGMを楽しむために必要です。低音が重視される場合もあれば、中高音が重視される場合もありますので、自分の好みやオフィスの雰囲気に合ったスピーカーを選びましょう。より音質にこだわりたい方には、高周波数の音源を流すことができるハイレゾ対応スピーカーもおすすめです。

音量

アンプ出力のW(ワット)数が大きければ大きいほど、迫力満点のサウンドを出すことが可能です。製品によっては「5W+5W」と記載されていることがありますが、これは「5Wのスピーカーが2つついています」という意味です。オフィスの面積や使用用途によりますが、大音量で流す目的でなければ、それほど重視すべきではないでしょう。

接続方法

スピーカーはBluetoothやWi-Fiを介して簡単に接続できることが重要です。無線接続は、オフィス内のスマートフォンやコンピュータから音楽をストリーミングする際に便利です。また、有線接続のオプションも忘れずにチェックしましょう。

バッテリー寿命

購入する前に、バッテリー駆動型か、コンセント接続型か必ず確認しましょう。無線スピーカーの場合、バッテリー寿命は重要な要素です。長時間稼働できるスピーカーを選ぶことで、充電の頻度を減らし、作業中の不便を防げます。

耐久性

オフィスの環境では、耐久性のあるスピーカーでなければなりません。長期間使用することを考え、ある程度品質の高いスピーカーを選びましょう。

価格

予算もスピーカーを選ぶうえで考慮すべき要素です。スピーカーでも安いものであれば3,000円ほどで購入することもできます。高価なスピーカーほど高音質かもしれませんが、たくさんの商品をじっくり吟味することで、予算内でバランスの取れた性能を持つスピーカーを見つけることができるでしょう。

メーカー

スピーカーと一口にいっても、SONY、BOSE(ボーズ)、ANKER(アンカー)、Amazon、Google、Appleなど、じつにたくさんのメーカーがスピーカーを販売しています。多くのメーカーが開発・研究を重ね、その技術を採用しているため、メーカーごとに得意分野や異なる個性があるのです。各メーカーの個性を意識しながらスピーカーを選んでみてはいかがでしょうか。

スピーカーはどこに置くのが効果的?

音響体験を最大限に楽しむために、スピーカーの置き場所は重要な要素です。適切な位置にスピーカーを配置することで、音質やサウンドの広がりが向上し、よりリッチなオーディオ体験を得ることができます。この記事では、効果的なスピーカーの置き場所について考察します。

部屋のレイアウト

まず、スピーカーの置き場所を決定する際に考慮すべきポイントとして、部屋のレイアウトや家具配置が挙げられます。スピーカーは壁や家具に囲まれて設置されることが一般的であり、壁や家具からの反射によって音の拡散やダイナミックな表現が可能になります。しかし、壁に密着させすぎると低音が強調されすぎる可能性があるため、程よい距離を保つことが重要です。

高さ

次に、スピーカーの高さに着目します。スピーカーを地面に近づけると、音が地面に反射してしまい音の品質が低下することがあります。一般的には、スピーカーを耳の高さに近い位置に設置することで、ダイレクトな音をしっかりと聞き取ることができます。スピーカースタンドや壁掛けブラケットを利用することで、適切な高さにスピーカーを配置することができます。

部屋の対称性

また、スピーカーの配置において部屋の対称性も考慮すべき要素です。部屋の対角線上にスピーカーを配置することで、均等な音の広がりを得ることができます。ただし、部屋の形状や家具の配置によっては、対角線上にスピーカーを配置することが難しい場合もあります。そのような場合は、スピーカー同士の距離を均等に保つように配置するとバランスの良い音が得られるでしょう。

スピーカーの向き

さらに、スピーカーの向きにも注意が必要です。スピーカーはリスニングエリアを中心にして、やや内側を向くように配置すると、聞き手に対して直接音を送り届けることができます。これにより、より明瞭でリアルな音質を楽しむことができます。

まとめ

オフィス環境において、BGMを流すスピーカーの重要性と最適な選び方について考える必要があります。適切なスピーカーの選択は、従業員のモチベーションや生産性向上に直結します。スピーカーの配置も効果的なBGMの提供に影響を与えます。オフィスのレイアウトや作業スペースに合わせて設置し、快適な音響環境を整えることが求められます。適切なスピーカーの選定と配置をすれば、オフィスの雰囲気を向上させ、従業員の集中力や仕事への取り組みを促進し、より生産性をアップできるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

健康経営優良法人に認定されると、ホワイト企業としてのステータスになるため、中小企業でも取得を目指す企業が増えています。健康経営優良法人として認められると、優秀な人材が確保できたり、融資や出資
続きを読む
これまでのオフィスは静かな場所というイメージでしたが、近年ではオフィスBGMを流す企業が増加しています。オフィスBGMは企業によって違いがありますが、おすすめなのはクラシックです。そこで今回
続きを読む
健康経営優良法人として認定を受けたいけれど、認定要件がいまいち分からないとお悩みではありませんか。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、健康経営優良法人2022の認定要件や昨年度との違い
続きを読む