オフィスBGMにはクラシック音楽がおすすめ!その理由は?

公開日:2024/07/01  


オフィスBGMには、クラシック音楽がおすすめです。なぜなら、その穏やかな旋律や豊かなハーモニーが集中力を高め、ストレスを軽減し、創造性を刺激するからです。クラシック音楽は心を落ち着かせ、業務効率を向上させる効果があるとされています。そこで本記事では、クラシック音楽の持つちからをさらにくわしく紹介します。

オフィスBGMとは

オフィスBGMとは、その名のとおり、オフィスで流す音楽のことを指します。仕事の効率や創造性の向上を目的として導入されることが多いです。具体的には、集中力を高め、ストレスを軽減し、働く環境をより快適にすることが期待されています。

また、オフィスでは、さまざまな雑音や他人の会話などが集中力を妨げる要因となります。たとえば、隣で電話を受けていたり、ドアが開閉する音、パソコンを叩くキーボードの音などがあります。これらの音は、作業中の集中力を分散させ、ストレスを感じることがありますよね。

そこで、オフィスBGMは、これらの雑音を軽減し、作業効率を向上させる役割を果たします。オフィス内に流れる音楽が職場全体を包み込み、職場環境をより静かでリラックスしたものに変えていきます。とくに、穏やかなクラシック音楽やジャズ、ボサノヴァなどが選ばれることが多い傾向です。

さらに、オフィスBGMは創造性を刺激する効果も期待されます。リラックスした状態で音楽を聴くことで、脳がより創造的なアイデアを生み出す可能性が高まるとされているのです。

ただし、オフィスBGMを導入する際には、職場の雰囲気や従業員の好みに合わせて適切なジャンルや音量を選ぶことが重要です。あまりにもうるさくなりすぎたり、好みではない音楽が流れると、逆にストレスの要因となる可能性もあります。

以上のことから、オフィスBGMは集中力を高め、ストレスを軽減し、創造性を刺激する効果があります。適切に導入されたBGMは、働く環境を改善し、生産性の向上につながる重要な要素となるでしょう。

クラシック音楽がもつイメージ

さて、ここまでオフィスBGMがもつ効果について紹介しましたが、次にBGMとして流す音楽のジャンルについて解説していきます。冒頭でもお伝えしましたが、オフィスBGMには、クラシック音楽がおすすめです。

しかし、音楽にあまり興味がない、クラシック音楽やジャズなどの違いがわからない方のために、まずはクラシック音楽がもつイメージについて見ていきましょう。

キレイな音楽というイメージ

まず、その優雅で壮麗な旋律や華麗な楽曲構成から、なんとなくキレイという印象を抱く人が少なくありません。クラシック音楽は、豊かなハーモニーと緻密な楽曲構造によって、聴く者の心を落ち着かせるとされています。そのため、聴く人々に美しいイメージをもたらし、感動的な体験を与えます。

ヒーリング効果があるというイメージ

クラシック音楽には、ヒーリング効果があるというイメージを持つ方も少なくありません。その理由は、穏やかな旋律や静かなパッセージが、聴く者の心をリラックスさせるからです。ストレスや疲れた心に対して、クラシック音楽は心地よい癒しをもたらし、心身のバランスを整える助けとなります。

とくに、バロック期の作曲家が作曲した音楽は、そのリズミカルなテンポや明るいメロディーが、ストレス解消に効果的だとされています。

眠くなるイメージ

クラシック音楽って眠くなるんじゃ?と考える方もいます。とくに、ゆったりとしたテンポや穏やかなメロディーが含まれる楽曲は、リラックスして聴いているうちに眠気を誘発することがあります。

これは、音楽が聴く者の心を静め、リラックスさせる効果があるためです。美容院やエステ、カフェなどのBGMで聴いたことがある方もいるのではないでしょうか。

そのため、クラシック音楽を選ぶ際には、注意深く選んで聴くことが重要です。たとえば、作業効率を上げたいときには眠気を誘発する楽曲を避け、美しい旋律やヒーリング効果の高い曲を選ぶと良いでしょう。

難しいジャンルというイメージ

難しいジャンルというイメージは、クラシック音楽が複雑な楽曲構造や高度な技術を要求する演奏法を持っているために生じることがあります。クラシック音楽のなかには、多層的な和声や複雑なリズムが含まれており、これらを理解するには一定の知識や耳の訓練が必要です。

そのため、聴きなれない方にとっては、クラシック音楽が難解であると感じることがあります。

堅苦しいイメージ

堅苦しいイメージは、クラシック音楽が歴史的な重みや格式を持ち、格式張った演奏会やコンサートホールで演奏されることから生じるものです。また、古典的な楽曲や作曲家に対する敬意や規範が、クラシック音楽に対する堅苦しい印象を与える一因となっています。

これにより、聴きなれない方がクラシック音楽を楽しむ際には、ある種の壁を感じることがあります。

敷居が高いイメージ

敷居が高いイメージは、クラシック音楽が専門的な知識や教育を必要とすることから生じているとされています。とくに、クラシック音楽の楽譜の読み方や理論的な側面を理解するには、一定の学習や訓練が必要です。そのような背景から、クラシック音楽は敷居が高いイメージをもたれることもあります。

しかし、これらのイメージは一面的なものであり、実際にはクラシック音楽は多様で豊かな表現を持っています。たとえば、親しみやすいメロディーや感動的な楽曲が数多く存在し、幅広い層に愛されています。

また、クラシック音楽は時代や地域によって多様なスタイルやジャンルがあり、それぞれ異なる魅力を持っています。そのため、クラシック音楽に対する偏見や敷居の高さを超えて、新たな視点で楽しんでみてくださいね。

なぜオフィスBGMにはクラシック音楽がおすすめなのか

ここまで、オフィスBGMについてやクラシック音楽のもつイメージについて紹介してきましたが、最後になぜオフィスBGMにはクラシック音楽がおすすめなのかについてまとめていきます。

オフィスで何を流したらよいのだろうと悩んでいる方も、まずはクラシック音楽を検討してみてはいかがでしょうか。

心を落ち着かせストレスを軽減する

第一に、クラシック音楽はその穏やかで豊かな旋律や緻密なハーモニーが特徴であり、これらの要素が聴く人の心を落ち着かせる効果があります。

とくに、忙しいオフィスで働く人々にとって、クラシック音楽は作業中のストレスを軽減し、心を安定させる心理的な効果があります。職場で流れる穏やかなクラシックのメロディーが、緊張を和らげ、リラックスした状態を促進するとされているのです。

メンタルを安定させる

さらに、クラシック音楽はメンタルヘルスに良い影響を与えることが知られています。聴く人の気分を安定させ、精神的な安定感をもたらすことがあります。

とくに、ストレスや不安を抱える人々にとっては、クラシック音楽が心の支えとなり、穏やかな気持ちを取り戻す手助けとなるでしょう。

集中力を高める

クラシック音楽は、集中力を高める効果もあります。複雑な楽曲構造や多彩な旋律が、聴く人の脳を刺激し、集中力をアップさせることが可能です。そのため、オフィスでクラシック音楽を聴くことは、作業効率を向上させるのに役立ちます。

とくに、知的な作業や集中力を要する業務に従事する人々にとっては、クラシック音楽が効果的な集中力のサポートとなるでしょう。

耳がよくなる

最後に、クラシック音楽を聴くことで耳がよくなるという面もあります。クラシック音楽はその広い音域や多様な楽器の使い方が特徴であり、これらの要素が聴覚を鍛え、耳の感受性を高められます。

そのため、長期的にクラシック音楽を聴くことで、聴力が向上し、より多くの音楽や音のニュアンスを理解できるようになるでしょう。

まとめ

オフィスBGMについてや、クラシック音楽の持つイメージや効果に焦点を当て、クラシック音楽がオフィスBGMとして最適であることを紹介しました。落ち着きやストレス軽減、集中力増強など、さまざまなメリットがあります。

これらを考慮すると、クラシック音楽は快適なオフィス環境を実現するための優れた選択肢であることが分かります。ぜひ、オフィスでの音楽環境を見直し、クラシック音楽の素晴らしい効果を実感してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

ヒーリングミュージックは、心身のリラックスを促す音楽ジャンルのひとつです。その穏やかなメロディとリズムはストレスを軽減し、集中力を高めます。オフィスBGMとしても適しており、作業効率を向上さ
続きを読む
オフィスBGMには、クラシック音楽がおすすめです。なぜなら、その穏やかな旋律や豊かなハーモニーが集中力を高め、ストレスを軽減し、創造性を刺激するからです。クラシック音楽は心を落ち着かせ、業務
続きを読む
オフィスでBGMを流す際に重要なのは、適切なスピーカーの選択です。360°スピーカーや天井埋め込み型スピーカーなど、さまざまな種類がありますが、オフィスの特性や用途に合わせて選ぶことが大切で
続きを読む